婚活資本主義のオンナ考TOP > 結婚相談所の婚活女たち > 早稲田出身の教員は落ちこぼれ?

早稲田出身の教員は落ちこぼれ?

婚活している群馬出身の三一歳の女性がいる。

彼女は地元の商業高校から料理の専門学校に入り、その後上京して賄いやレストランの受け付けなどの仕事を経験した。彼女は数年前から婚活を始め、もうお見合いのベテランだそうである。

なかなか婚活がまとまらないことで「理想の高い人」だと言われることも多いそうだ。ところが、彼女は自分の婚活に限って絶対にそんなことはないと言い切る。そこで婚活について話を聞いてみた。

「私は、婚活としてけして『三高』なんて硬直した理想はもっていません。だって、学歴だけでその人が優秀かどうかわからないでしょう」

「なるほど。そりゃそうですね」

「この間も、あるねるとんパーティーに行ったんです。そしたら、早稲田大学出身の人が声をかけてきました。職業を聞いたら、中学校の先生だっていうんです。普通、早稲田ぐらいのすごい学校なら、一流商社とかに入りますよね。それが先生なんかになってしまったというのは、やっぱりその人は大学の中でも優秀ではない方の人だったと思うんです」

「…………!」

「ですから、やっぱり人間は学歴だけでは、本当に優秀な人はわからないと思います」

あのなあ。

そもそも早稲田大学には教育学部がある。また、大卒で所定の単位を取れば「一流」大学で教員免許を取得することもありうる。それはひとつの進路選択肢であり「落ちこぼれ」とは限るまい。

そもそも教育学部が偏差値的価値観でいかなる評価であろうが、教員という価値ある仕事がおとしめられるいわれは全くない。

さらに、早稲田なら一流会社当たり前という単純で楽観的なレールの描き方も、面白くてやがて哀しい。そんなに世の中は甘くないぞ。いわゆる指定銘柄の上場企業は、もっと厳密な「エリート」主義や、外部にはわかりにくい学閥主義をとっている。大企業の「エリート」主義とは国立の旧帝大をピラミッドの頂点に私立大にも幾重ものランクが人事上基準づけられているのだ。

こうした事実誤認の積み重ねを貫く何よりの問題点は、結局この受付嬢も学歴と職業を絡めたレッテルばりの人物評価をしていることである。なおかつ、その基準や評価が客観的にもデタラメだということである。

なぜ、婚活中の彼女のような無知で客観的に奇妙な価値観が生まれてしまうのか。彼女にはキビしいが、婚活では大事な部分なのでちょっと説明をしよう。

残念ながら、この世の中は階級社会だ。戦前と違って貴族とか何とかの階級がないはずなのに、法律では定められていないわかりにくいピラミッド的階級ができている社会だ。

「エリート」中の「エリート」から、そうでない「シモジモ」の人間まで……。そして、人間をわけへだてる仕組みはあらゆる所に逃げられないようにできあがっている。

大卒かどうかという学歴の問題で言えば、それは大学受験時の進路選択ではじめて「ふるい」が登場するわけではない。小学校の「お受験」だの中学受験だのを見てほしい。

遅くとも中学卒業の時点では「大学入学資格」という意味でおおむね決着が付いてしまう。進学を前提とした普通高校か、そうでない職業高校かに分けられてしまうからだ。これは決定的だ。

つまり(大学に行ける)「エリート」候補生と、そうでない「シモジモ」の人間との峻別は、ニキビ面でオナニーを覚えた頃にはもう行われてしまうのである。本人たちの自覚なしにね。

婚活するなら、これぐらいは覚えておいて欲しい。

しかし、これはおかしいと思わないか。人間の成長には個人差がある。学校の勉強に限っても然りだ。中学の頃成績のいい人もいる。高校三年になってから目覚める人もいる。しかし、進学を前提としていない職業高校に入ってしまったら、その時点で目覚めても大学進学への可能性は普通科に比べてどうしても狭められしまう。

つまりこういうことだ。社会の階級的人づくりのレールというのは、個々の能力を伸ばすことを念頭に置いているのではなく、ある時期にいきなり「できる子」と「そうでない子」という「能力」のレッテルばりをして、その後はそれにそった人づくりをしてしまうものなのである。

「ある時期」というのは、国や企業の「エリート」作りのスケジュール上決めたもので、子供全体の可能性なんか考慮されていない。だから階級社会というのは、人間個々人の能力を伸ばす最適の場でもなく、そのかけがえのない成長の実状も反映してくれないわけである。

さらにいうとこの婚活中の三一歳さんは、「そうでない子」の階級にまわされて人づくりをされてしまった。そういう人間は、もはや社会の仕組みも「エリート」の意味も、そうしたカラクリも知らされないしわからない。なぜなら階級社会の何よりの眼目は、国や企業のために尽くす「エリート」と、まともな理屈をこねずにそれなりに生きる無知蒙昧の「シモジモ」を作り分けるところにあるからだ。

ではこういう場合、婚活中の彼女にはどうやってそれを教えたらいいのだろうか。このへんは正直言って難しい問題だ。パソコン通信の討論でも、女性に限らずこうした奇妙な意見が出て(しかも当人は至って真面目)、対応に悩まされることもしょっちゅうである。私は、そういうときは真っ向から否定こそしないものの、ちいとばかり刺激が強くても考えるよすがを発信している。たとえばこんなふうに……。

「それで、あなたが望むその『優秀な人』は、あなたを望んでくれると思いますか?」

恋する婚活プランナー 【DVD】

商品の詳細ジャンル洋画フォーマットDVDレーベルタキコーポレーション発売日2009年08月07日商品番号THD-18541発売国日本リージョンコード2 (日本)信号方式NTSC (日本)言語韓国語字幕日本語音声韓国語 - 2.0ch (stereo) Dolby Digital組み枚数1その他ビスタサイズ/スクイーズ, 2002関連キーワード コイスルコンカツプランナー 出荷目安の詳細はこちら追加情報【特典】日本版プロモーション映像内容詳細 カップルメイキング率100%を誇る、結婚相談所のマネージャー、ヒョジン。
素は奥手で、自分の恋はさっぱりという彼女が、問題会員の男性に惹かれてしまい……。
シン・ウンギョン主演による婚活ラブ・コメディ。
(CDジャーナル データベースより)

 




婚活悲喜こもごも記事一覧

貴女はマザコンを罵れますか?

結婚したいのにできない女性がその理由を語る時、最近は相手の男性が「マザコン」であることを挙げるケースが多い。私は以前、結婚相談所関連の仕事をしていたときも、こんな声を何度も聞いた。...

東大出好きな三女

婚活にいそしむ女たちの間違いを指摘していこう。青木雄二という漫画家の『ナニワ金融道』(講談社)が売れている。九六年二月にはテレビドラマ化もされた。その勢いで、KKベストセラ...

大学のブランドで「頭のいい人」を判断したら三九まで独身

「私は、やっぱり相手の身長が一七五センチ以上ないとデートする気にならないですね!」私が勤務していた結婚相談所で、婚活中のある女性がそう言った。こうした外見についての希望(高...

「結婚しない女」「できない男」論を横行させるな!(1)

婚活、なる言葉が使われるようになったのは最近の話だが、結婚したい(のにできない)人たちがいる、というのは前からあったことだ。そして、これも以前からだが、巷間、結婚できない男...

早稲田出身の教員は落ちこぼれ?

婚活している群馬出身の三一歳の女性がいる。彼女は地元の商業高校から料理の専門学校に入り、その後上京して賄いやレストランの受け付けなどの仕事を経験した。彼女は数年前から婚活を...

「結婚しない女」「できない男」論を横行させるな!(2)

婚活中の二五歳の製靴会社のOLは、もう十回以上見合いを繰り返している。そのほとんどは彼女の方からバツを出した。その理由をきいてみたら簡単だった。「だって、何となくつまんない...

マエカレを便利に使うな!(1)

ある結婚相談所の婚活中オトコ会員によると、こんなことがあったという。東京のベッドタウンといわれる某県在住の婚活中オンナ会員で、土地をたくさん持っている旧家の娘がいた。跡取り...

「子供が欲しい」から結婚する「借り腹」オンナの即物感覚

音楽大学を卒業後、OL生活を経て現在は母親とともに軽食屋を切り盛りしている婚活中の三十歳は、子供が欲しくなって結婚相談所に入ったという。「本当のこと言えば結婚しなくてもいい...

年齢によって相手の「ランク」を変える愛の「市場原理」

元彼に酔っぱらって迷惑電話をかけた、前出の婚活中の彼女は当時の時点で、もうお見合のベテランである。すでに結婚相談所は四カ所を経験し、見合いの数は通算百回を超えているという。...

男権思想のビートたけしはなぜウケるのか(1)

婚活中の、結婚したい男性にも女性にも参考になる話をしよう。女性が性的圧迫も眼の曇りもなく、一人の人間として自覚的に生きるにはどうしたらいいのか。それを考える上で明らかに対置...

男権思想のビートたけしはなぜウケるのか(2)

今や映画監督として文化人路線まっしぐらのビートたけしは、観光に毛の生えた「留学」や、マナーもテーマもない「海外旅行」に熱中する若い女性に批判的である。それは「海外通」であれ...

男権思想のビートたけしはなぜウケるのか(3)

もっとも、私はたけし説に「賛」というわけではない。婚活中の男性・女性諸氏も考えて欲しい。「狙いや理由」の点でその立場にはない。たけしは「(民主主義を前提とした)建前...

男権思想のビートたけしはなぜウケるのか(4)

たけしの持論である「建前先行の中身なし」の「馬鹿」がここにも表明されている。社会主義の看板を掲げてデタラメを尽くした諸外国の指導者のことを指していると考えればドンピシャリで...

「三低」の連れ合いを誇る素晴らしさを伝えたい(1)

「まず、女性が読んだらムカつくのではないかと心配してらっしゃったけど、そんなことはないと思います。そんなトホホオンナが身近にいれば、あたしだってはったおしてやりたい」本稿を...

「三低」の連れ合いを誇る素晴らしさを伝えたい(2)

「ちなみに私の夫はいわゆる『三低』ですが、私は彼を尊敬しています。学歴とか、そういったものは私の方があったりしますけど、人間的にはすごくできた人で、いつも教えられることが多いです」...

「三低」の連れ合いを誇る素晴らしさを伝えたい(3)

「ちなみに私の夫はいわゆる『三低』ですが、私は彼を尊敬しています。学歴とか、そういったものは私の方があったりしますけど、人間的にはすごくできた人で、いつも教えられることが多いです」...

給料の「多い・少ない」は他人様が決めるものか?

先日、ネットサーフィンをしていると、日本でいちばん加入者が多いとされるプロバイダの会員サービス用掲示板「教えてください」で、婚活中の女性から、本稿の餌食にしてください、といわんばか...

独身女性の7割が恋人不在

独身女性「彼氏いない」7割=半数が3年以上交際なし―電通総研時事通信 11月2日(火)21時0分配信 独身女性の7割が恋人不在、しかも5割が3年以上交際していない―。電...

男子禁制「女子会」

男子禁制「女子会」に企業アノ手コノ手 婚活ブーム一服もMONEYzine 11 月14日(日)10時40分配信 女性だけで集まって、食事会や飲み会を開く「女子会」が人気...

適齢期未婚男女、3人に2人は交際相手なし!

婚活中の男女にとって興味深いニュースだ。内閣府はインターネットによるアンケート調査で、20、30歳代の未婚男女の86%が結婚を望む一方、64%は交際相手がいないと回答した。内閣府は...


 
inserted by FC2 system