婚活資本主義のオンナ考TOP > 結婚相談所の婚活女たち > 東大出好きな三女

東大出好きな三女について

婚活にいそしむ女たちの間違いを指摘していこう。

青木雄二という漫画家の『ナニワ金融道』(講談社)が売れている。九六年二月にはテレビドラマ化もされた。その勢いで、KKベストセラーズの『ゼニの人間学』という啓蒙書も人気がある。

バブル経済で頂点に達した拝金主義と、そこで退廃した人々の精神をいましめていてかなり面白い。電波芸者といわれるタレント文化人たちのような、勉強不足で、なおかつ見せかけだけの「本音」ではなく、社会の仕組みや退廃した人民の変革をうながす本音になっているのが出色だ。

圧巻は「神は人間による創造」「『在る』と『思う』は違う」「唯物論か観念論かはっきりしろ」など、唯物弁証法哲学の啓蒙をわかりやすく書いていることだ。「共産主義社会は競争がないからだめだ」論がまやかしであることも、喫茶店の砂糖を例にとって、たった数行で鮮やかに説明している。本職の哲学者の啓蒙書とはひと味違った手練(てだ)れだと思う。

婚活の話に戻そう。

今回は「三高」の学歴の部分と結んで注目させていただきたい。このすばらしい手練れをみせる青木さんの学歴は工業高校卒となっている。哲学科でも文学科でもない。高等教育は受けていなくても、『罪と罰』や『共産党宣言』などを読み、社会と人間を社会法則と個々の価値観の両面から独学で学んでいったというわけである。

人間の努力や自覚をあなどってはならないというのは、青木さんのような人の実践によって証明されているといえる。人間は自覚的に努力することによって認識を進めることができる。誰であろうが、学歴がどうであろうが、いくつになろうが、人間は学んで発展しうる生き物なのだ。だから人間には価値があるのだ。だから素晴らしいのだ。

さて、結婚相談所で婚活にいそしむオンナ会員は「三高」を狙うと書いたが、世の「三高」狙いのオンナには、実はふた通りある。

ひとつは、出身学校で人間は判断できないとちゃんとわかっていながらも、世間体でつい気にしてしまうタイプ。もうひとつは、有名な学校に入っている人こそが優秀なんだと、本気で信じている世間知らずのタイプだ。この場合、後者の方がより深刻だろう。

前者は単に処世術や価値観の問題だから、その限りにおいてはいちがいにどうこうはいえない。しかし、後者は人間理解ができていないという点で、客観的に見ても正真正銘の札付きのトホホ者だからである。ここではそちらに触れておこう。

婚活にいそしむ際、是非心しておいていただきたいものだ。

電気部品製造業者の三女(二八)は、わずかに知っている東大卒者や世間の評価に根ざした先入観から「東大出(こそ)は頭の回転がはやい人」という見定めを持っていた。

お見合いをしても、「東大出の公務員」ないしは「東大出の銀行員」といったものがつねにモデルとして頭にあり、交際相手の人柄の実際に関係なく相手が東大を出ていないと、それだけで話が流れてしまうのである。

この婚活は困難を極めそうだ。

三女には二人の姉がいるが、どちらも中学で私立に受験し四年制大を出ている。彼女も有名私立中学に入学したが、大学は落ちて無名の短大におちついた。

中小企業の経営者の家庭というのは、カネや職業や学歴に対してシビアでどん欲な場合が往々にしてある。それも単に金持ちがいいというのではなく、自分が苦労してきただけに安定していると思われる職業やそれにつながる学歴に対するこだわりが異常なほど強いのだ。それが子育てにも反映される。

彼女の家庭がそうだとは断定はできない。しかし、少なくとも彼女に「東大出の堅い職業の王子様」を求める面があることだけは間違いなかった。

そんな女が婚活をしているわけだ。

しかも彼女はずっと女子校で学園生活を過ごしたために、生きた多くの男性とのコミュニケーションの中で男性の価値観を自覚的に再構成する機会を得られなかった。そんな状態で婚活をし、「見合い販売業」の結婚相談所になだれ込んだのである。

三女は、二八歳で恋愛らしい恋愛もないバージンだという。学歴や職業という条件を通してしか人間評価ができず、その結果二八になるまで誰も愛せず、またそういう点を見透かされて誰にも愛されたこともないからである。

彼女自身は、自分が「東大出シンドローム」であることを意識的に否定し、あえて東大出ではない人を選んで積極的に見合いをした。しかし、結果としてそれは実っていない。婚活の本質が分かっていない。

その時々で相手をノーという見かけの理由はいろいろあるが、いずれもその奥底にある「東大出の堅い職業シンドローム」が疼くのである。

いわずもがなだが、何を基準で語るとしても「頭の回転がはやい」かどうかは、その人自身を判定しなければわかるものではない。出身大学名だけで判断できないことはる説を要しないだろう。ところが彼女の理屈では、東大を出ていない人が「頭の回転がはや」くてはいけないことになってしまうわけだ。

東大だろうが地方の無名の私立大であろうが高卒だろうが、「頭の回転がはやい」人とそうでない人がいる。どんな会社だろうが学園だろうが、組織というのはいろいろな人が集まって構成されている。その組織がどんな選考方法をとったとしても、しょせん人間評価に完全無欠の客観的レーティングなどははじめっから不可能であるし、また人間は日々たえまなく発展によって個々が変化しているからである。

では大学を出ているか出ていないか、もしくは出ていても有名ブランドかそうでないかという違いは何なのか。ひっきょうそれが将来「エリート」路線での可能性をもたせてくれかどうかを分けるのである。人間本来が持つ魅力、つまり発展の力についての判定ではないのだ。そうでなかったら冒頭の青木雄二のような人は説明がつくまい。

彼女はいったんはお見合いを申し込んでも、実際に相手とお見合いをすると、結局は前に書いたような拒絶反応を起こす。その時の相手に対する言いぐさがこうだというのである。

「そのときはメランコリックな気持ちになっていたの。どうかしてただけ。今は違う気持ち」

彼女は自分の理想の男性像が確立されていない。よってたつ自覚的な価値観がないから、「東大」という「額面」による値踏みを捨てきれないのである。そしてまた男を捜し求める「野良犬」婚活生活を続ける。これは「三高」オンナの共通した泣き所でもある。

そうした問題点から逃げずに自分のトホホさ加減を克服しない限り、「メランコリックに男取り替え病」は治らない。

婚活悲喜こもごも記事一覧

貴女はマザコンを罵れますか?

結婚したいのにできない女性がその理由を語る時、最近は相手の男性が「マザコン」であることを挙げるケースが多い。私は以前、結婚相談所関連の仕事をしていたときも、こんな声を何度も聞いた。...

東大出好きな三女

婚活にいそしむ女たちの間違いを指摘していこう。青木雄二という漫画家の『ナニワ金融道』(講談社)が売れている。九六年二月にはテレビドラマ化もされた。その勢いで、KKベストセラ...

大学のブランドで「頭のいい人」を判断したら三九まで独身

「私は、やっぱり相手の身長が一七五センチ以上ないとデートする気にならないですね!」私が勤務していた結婚相談所で、婚活中のある女性がそう言った。こうした外見についての希望(高...

「結婚しない女」「できない男」論を横行させるな!(1)

婚活、なる言葉が使われるようになったのは最近の話だが、結婚したい(のにできない)人たちがいる、というのは前からあったことだ。そして、これも以前からだが、巷間、結婚できない男...

早稲田出身の教員は落ちこぼれ?

婚活している群馬出身の三一歳の女性がいる。彼女は地元の商業高校から料理の専門学校に入り、その後上京して賄いやレストランの受け付けなどの仕事を経験した。彼女は数年前から婚活を...

「結婚しない女」「できない男」論を横行させるな!(2)

婚活中の二五歳の製靴会社のOLは、もう十回以上見合いを繰り返している。そのほとんどは彼女の方からバツを出した。その理由をきいてみたら簡単だった。「だって、何となくつまんない...

マエカレを便利に使うな!(1)

ある結婚相談所の婚活中オトコ会員によると、こんなことがあったという。東京のベッドタウンといわれる某県在住の婚活中オンナ会員で、土地をたくさん持っている旧家の娘がいた。跡取り...

「子供が欲しい」から結婚する「借り腹」オンナの即物感覚

音楽大学を卒業後、OL生活を経て現在は母親とともに軽食屋を切り盛りしている婚活中の三十歳は、子供が欲しくなって結婚相談所に入ったという。「本当のこと言えば結婚しなくてもいい...

年齢によって相手の「ランク」を変える愛の「市場原理」

元彼に酔っぱらって迷惑電話をかけた、前出の婚活中の彼女は当時の時点で、もうお見合のベテランである。すでに結婚相談所は四カ所を経験し、見合いの数は通算百回を超えているという。...

男権思想のビートたけしはなぜウケるのか(1)

婚活中の、結婚したい男性にも女性にも参考になる話をしよう。女性が性的圧迫も眼の曇りもなく、一人の人間として自覚的に生きるにはどうしたらいいのか。それを考える上で明らかに対置...

男権思想のビートたけしはなぜウケるのか(2)

今や映画監督として文化人路線まっしぐらのビートたけしは、観光に毛の生えた「留学」や、マナーもテーマもない「海外旅行」に熱中する若い女性に批判的である。それは「海外通」であれ...

男権思想のビートたけしはなぜウケるのか(3)

もっとも、私はたけし説に「賛」というわけではない。婚活中の男性・女性諸氏も考えて欲しい。「狙いや理由」の点でその立場にはない。たけしは「(民主主義を前提とした)建前...

男権思想のビートたけしはなぜウケるのか(4)

たけしの持論である「建前先行の中身なし」の「馬鹿」がここにも表明されている。社会主義の看板を掲げてデタラメを尽くした諸外国の指導者のことを指していると考えればドンピシャリで...

「三低」の連れ合いを誇る素晴らしさを伝えたい(1)

「まず、女性が読んだらムカつくのではないかと心配してらっしゃったけど、そんなことはないと思います。そんなトホホオンナが身近にいれば、あたしだってはったおしてやりたい」本稿を...

「三低」の連れ合いを誇る素晴らしさを伝えたい(2)

「ちなみに私の夫はいわゆる『三低』ですが、私は彼を尊敬しています。学歴とか、そういったものは私の方があったりしますけど、人間的にはすごくできた人で、いつも教えられることが多いです」...

「三低」の連れ合いを誇る素晴らしさを伝えたい(3)

「ちなみに私の夫はいわゆる『三低』ですが、私は彼を尊敬しています。学歴とか、そういったものは私の方があったりしますけど、人間的にはすごくできた人で、いつも教えられることが多いです」...

給料の「多い・少ない」は他人様が決めるものか?

先日、ネットサーフィンをしていると、日本でいちばん加入者が多いとされるプロバイダの会員サービス用掲示板「教えてください」で、婚活中の女性から、本稿の餌食にしてください、といわんばか...

独身女性の7割が恋人不在

独身女性「彼氏いない」7割=半数が3年以上交際なし―電通総研時事通信 11月2日(火)21時0分配信 独身女性の7割が恋人不在、しかも5割が3年以上交際していない―。電...

男子禁制「女子会」

男子禁制「女子会」に企業アノ手コノ手 婚活ブーム一服もMONEYzine 11 月14日(日)10時40分配信 女性だけで集まって、食事会や飲み会を開く「女子会」が人気...

適齢期未婚男女、3人に2人は交際相手なし!

婚活中の男女にとって興味深いニュースだ。内閣府はインターネットによるアンケート調査で、20、30歳代の未婚男女の86%が結婚を望む一方、64%は交際相手がいないと回答した。内閣府は...


 
inserted by FC2 system